住宅業者を決める前?後?土地を探すのはいつから?

家を新築するときのポイントとは

家を新築する際に大事なのは家族に合わせた間取りです。部屋数はもちろんのこと、収納や書斎スペースなど家族にあったプランが重要になってきます。平屋建てを理想にするかたもいらっしゃいますが、当然ながら土地の広さがなければいけません。また土地の場所によって建築の制限がありますので、理想どうりの家を新築するためには、まず土地があってはじめて計画ができるのです。便利のいい中心部に近いところだと金額は高めで狭い土地が多く、離れたところだと金額は安くて広い土地が多いのも現実です。では家にお金をかけるのか、土地にお金をかけるかを決める必要があります。家にこだわるかたは、住宅会社選びから始めるのがいいでしょう。場所にこだわるかたは、不動産会社などで土地探しから始めることです。

業者も仕事!手伝ってもらう事も頭にいれて

住宅業者選びから始めるとなると、展示場や広告などをみて気になる住宅会社が見つかるかもしれません。では、どういう業者がいいのかと言えば業者のプラン提案力です。同じ土地でも業者が違えば提案もちがいます。まず理想の間取りと予算、住みたいエリアを徹底的に相談することがポイントです。そうする事で理想に近い土地を業者が探しやすくなり、業者も気に入る土地がなければプランの提案もできないため探します。この時に数社で検討している事を伝えてください。他業者でも検討していることがわかると、より必死に見つけてくれます。そういう意味では、土地選びから始めるといっても時間がない人は、同じように業者をまわって気に入る所があれば、相談して土地を探してもらうといいです。気に入る土地が見つかれば、あとはより親身になって計画してくれる業者を選びましょう。

© Copyright Home Trader Choice. All Rights Reserved.