注文住宅で理想の一戸建てを建てよう!

注文住宅なら自由に設計できる

注文住宅とは、施主の好みに応じた設計で建築する住宅のことです。建築予定の土地と一定の予算を確保できれば、あとは住宅メーカーを探しましょう。土地の広さと予算額である程度の限界はありますが、自分が希望した家を建てられます。設計士に依頼してゼロから設計案を考えることもできますが、住宅メーカーが用意したプランを部分的に変更するだけでもすばらしい家になります。外壁や壁紙の色を変更したり、フローリングの部屋を和室に変えるなどが変更例の一部です。建物だけではなく、庭や車庫についても合わせて設計できるのが一般的なので、施主が決めるべきことはかなりたくさんあります。ある程度イメージが決まっているなら、土地探しの段階から設計が始まっていると考えてください。

頼りにしたいメーカーの担当者

いろいろと自由に設計(変更)できるところが注文住宅のメリットです。しかし「理想的な家」を考えるには知識と経験が必要です。初めて家を建てようとしている場合は特に難しく、どこを変更するべきなのか、よくわからないかもしれません。そんなときに頼りになるのが住宅メーカーの担当者です。メーカーとの話し合いを始めると、必ず担当者がついて住宅の引き渡しまでサポートしてくれます。最終的な決定権は施主にありますが、わからないことがあれば担当者に相談しましょう。依頼先のメーカーを決めるとき、気の合う担当者と出会えるかも大切な要素です。質問に的確に返答してくれるかどうか、試してみるのもよいでしょう。よい家を建てるため、施主自身が勉強することは欠かせませんが、担当者によるサポートも不可欠になります。

© Copyright Home Trader Choice. All Rights Reserved.